茶の本 : 英文収録

岡倉天心 著 ; 桶谷秀昭 訳

ひたすらな瞑想により最高の自己実現をみる茶道。本書の冒頭で天心は「茶は、日常の事実における美しいものの崇拝、すなわち審美主義の宗教としての茶道に昂められた」という。明治三十九年、天心は西洋文明に対する警鐘をこめて、茶の文化への想い即ち東西の文明観を超えた日本茶道の真髄を切々と綴った。精魂をこめた訳文により天心の精神がいま静かに息づく。原典英文収録の名著復刻の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人情の碗
  • 第2章 茶の流派
  • 第3章 道教と禅道
  • 第4章 茶室
  • 第5章 芸術鑑賞
  • 第6章 花
  • 第7章 茶の宗匠たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶の本 : 英文収録
著作者等 岡倉 天心
岡倉 覚三
桶谷 秀昭
書名ヨミ チャ ノ ホン
書名別名 The book of tea
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.8
ページ数 224p
大きさ 15cm
ISBN 406159138X
NCID BN11152866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94070660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想