道元禅師の話

里見弴 著

道元についても、禅宗についても、「幼児に等しい無智」であった著者が、ふとした機縁でこの巨人の生涯と格闘することになる。文献を渉猟し、自分の頭で読み解いてゆく-。禅師七百回忌の「饅頭本」で終らせないためにも「見て来たような嘘」だけはつかない、と語る作家里見〓@4CEE(1988‐1983)の描いた道元禅師像。

「BOOKデータベース」より

道元についても、禅宗についても、「幼児に等しい無智」であった著者が、ふとした機縁でこの巨人の生涯と格闘することになる。文献を渉猟し、自分の頭で読み解いてゆく-。禅師七百回忌の「饅頭本」で終らせないためにも「見て来たような嘘」だけはつかない、と語る作家里見〓(とん)(1888‐1983)の描く道元禅師像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敢行と断念と
  • 七百年
  • 縦棒上の点
  • 横棒上の点
  • 誕生幼時
  • 母の死受戒
  • 教学時代
  • 参禅入宋
  • 正師の鉗鎚
  • 深草隠棲
  • 当処永平

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敢行と断念と
  • 七百年
  • 縦棒上の点
  • 横棒上の点
  • 誕生・幼時
  • 母の死・受戒
  • 教学時代
  • 参禅・入宋
  • 正師の鉗鎚
  • 深草隠棲
  • 当処永平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元禅師の話
著作者等 里見 弴
里見 〓
書名ヨミ ドウゲン ゼンジ ノ ハナシ
書名別名 Dogen zenji no hanashi
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.8
ページ数 305p
大きさ 15cm
ISBN 4003106075
NCID BN04834232
BN11150259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94072997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想