大日本古典の偉容

五十嵐力 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 祝詞祈年祭の高遠なる意義-古典に於ける皇道弘布の宣言- / 1
  • 第二 神功皇后の三韓遠征(日本紀)-布晆馬來の電撃を思はしむる- / 9
  • 第三 和泉式部日記の本文意義趣味考 / 29
  • 第四 問答物語の始祖大鏡 / 77
  • 第五 王朝文學に於ける見殘されたる表現美 / 133
  • 第六 鎌倉の軍記に於ける新しき文體の創始及び完成 / 183
  • 第七 太平記再讀重愛の心緒を述ぶ / 197
  • 第八 謠曲 隅田川-その本文、解釋及び批評- / 231
  • 第九 謠曲羽衣-その本文、解釋及び批評- / 277
  • 第十 「羽衣」によりて試みに謠曲に於ける「カカル」の意義、役目及び趣味を説く / 335
  • 第十一 松島より平泉へ(松尾芭蕉、奧の細道)-その本文、解釋及び批評- / 359
  • 第十二 幻住庵の記(松尾芭蕉)-その本文、解釋及び批評- / 395
  • 第十三 老の姿はかはるとも(近松、國姓爺合戰) / 445
  • 第十四 眞書太閤記とは何ぞ / 483
  • 第十五 椿説弓張月を讀む / 515

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大日本古典の偉容
著作者等 五十嵐 力
書名ヨミ ダイニホン コテン ノ イヨウ
出版元 道統社
刊行年月 昭和17
ページ数 534p
大きさ 22cm
NCID BN11142272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46025261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想