バラとさくら : 日英比較言語学入門

楳垣実 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 概説篇
  • バラとさくら--風土・国民性・言語
  • 花でさえあだには咲かぬ / p15
  • 風土が人間をつくる / p18
  • 型を抜けきれぬ人間行動 / p21
  • 言語は社会が生んだもの / p24
  • 母の舌--母国語の学習
  • 赤ん坊は語学の天才 / p29
  • 学習とは枠にはまること / p34
  • 神童も出る言語形成期 / p37
  • 音韻・文法・語囲の性格差 / p42
  • 先生の舌--外国語の学習
  • 月とすっぽん日英の音韻 / p49
  • ものの考え方から違う文法 / p53
  • 語囲と意義領域・史的背景 / p56
  • 生活から遊離した言語学習 / p60
  • 生徒の三分の二は落伍する / p63
  • 選ばれた少数のための教育 / p65
  • ひとの振り見て--比較語学の効果
  • 比較こそ本質をつかむ近道 / p67
  • 「比較語学」と呼ぶ理由 / p72
  • 比較の材料は手近にある / p77
  • 論理の文法・心理の文法 / p82
  • コトバに宿る民族の心 / p85
  • 音韻篇
  • 言うことを聞かせる--音韻の正しい認識
  • 音の目的は伝達にある / p93
  • 言語活動と音の役割 / p101
  • 声の表情イントネイション / p106
  • 文節アクセントのリズム / p115
  • リズムと語のアクセント / p124
  • 音韻の心臓部は音節--音節の比較研究
  • 音節は分節リズムの単位 / p132
  • 音声と音韻はどう違うか / p141
  • 日本語の音節構造 / p148
  • 英語の音節構造 / p152
  • 日英語音節の比較 / p160
  • 文法篇
  • 言いたいことは宵に言う--語順と言語の性格
  • 文法原理は語順に反映する / p171
  • 脳髄の文法--名詞の「数」と「格」
  • 「数」の考え方・表わし方 / p185
  • 「格」の考え方・表わし方 / p198
  • 心臓の文法--動詞の「時」を中心に
  • 「時」の考え方・表わし方 / p207
  • 「相」の考え方・表わし方 / p221
  • 「様態」と「動作態」 / p233
  • 語囲篇
  • コトバは心の窓--語囲の比較語学
  • 動詞で泣くイギリス人 / p247
  • 副詞でほえる日本の犬 / p256
  • 英語の笑い日本語の笑い / p263
  • これやこの行くも帰るも / p272

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 バラとさくら : 日英比較言語学入門
著作者等 楳垣 実
書名ヨミ バラ ト サクラ : ニチエイ ヒカク ゲンゴガク ニュウモン
出版元 大修館書店
刊行年月 1961
ページ数 290p
大きさ 20cm
NCID BN11112985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61007479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想