ロシア革命史 : 社会思想史的研究

猪木正道 著

世界ではじめて共産主義政権を樹立したレーニンとボリシェヴィキ革命を中心に、十九世紀末のナロードニキから第二次大戦終結までの、革命の全過程と思想、人間性と非人間性を、透徹した眼で鋭利に分析。本書の時代を超えた普遍性は、ソ連崩壊後の今日ますます真価を発揮する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序言
  • 第2章 ロシアの後進性
  • 第3章 ボリシェヴィズム
  • 第4章 ツァーリズムの苦悶
  • 第5章 十月革命
  • 第6章 世界革命
  • 第7章 一国社会主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア革命史 : 社会思想史的研究
著作者等 猪木 正道
書名ヨミ ロシア カクメイシ
書名別名 Roshia kakumeishi
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.6
ページ数 292p
大きさ 16cm
ISBN 4122021065
NCID BN11109743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想