超幾何関数論

青本和彦, 喜多通武 著

多変数超幾何関数論、待望の解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 Euler‐Gaussの超幾何関数
  • 第2章 複素積分表示とツイストde Rhamコホモロジー
  • 第3章 超平面配置とGrassmann多様体上の超幾何関数
  • 第4章 ホロノミックな差分方程式と漸近展開
  • 付録(Mellinの一般型超幾何関数
  • Selberg積分とBC型超幾何関数
  • <2,m+1
  • α>型超幾何関数のモノドロミー表現
  • KZ方程式-モノドロミー表現の構造と結び目の不変量への応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超幾何関数論
著作者等 喜多 通武
青本 和彦
書名ヨミ チョウ キカ カンスウロン
書名別名 Cho kika kansuron
シリーズ名 シュプリンガー現代数学シリーズ
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1994.8
ページ数 355p
大きさ 22cm
ISBN 4431706623
NCID BN11106676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94071871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想