緑の料金 : 税制変更によってどれほど環境と経済に影響を与えられるか

世界資源研究所 編 ; R.レペット ほか著 ; 飯野靖四 監訳

課税対象を労働や投資などの「グッズ」から、環境汚染などの「バッズ」に少しでも多く移すことを提案。炭素税、ごみ収集有料化などに関しアメリカでのシミュレーションを試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歳入のための負担を経済的「グッズ」から環境的「バッズ」へ移行することによる潜在的利益
  • 2 都市の固形廃棄物処理のために袋の数に応じて支払う家庭ゴミ収集課徴金
  • 3 米国における都市幹線道路の混雑緩和のための通行料の分析
  • 4 CO2排出量削減のための炭素税
  • 5 その他の環境課徴金として考えられるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑の料金 : 税制変更によってどれほど環境と経済に影響を与えられるか
著作者等 Repetto, Robert C
Repetto, Robert C.
World Resources Institute
世界資源研究所
飯野 靖四
レペット ロバート・C.
書名ヨミ ミドリ ノ リョウキン
書名別名 Green fees

Midori no ryokin
出版元 中央法規
刊行年月 1994.8
ページ数 156p
大きさ 21cm
ISBN 4805812494
NCID BN11098658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94068520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想