日本中世の民衆と領主

戸田芳実 著

[目次]

  • 序章 初期中世史の見方
  • 1 民衆史とその方法(律令制からの解放
  • 古代末期の農民問題
  • 前近代の人民闘争
  • 前近代人民闘争論の課題と方法)
  • 2 領主制論をめぐって(中世の封建領主制
  • 黒田庄における寺領と庄民-庄園制の非古代的性格
  • 中世社会成立期の国家)
  • 3 前近代史研究の課題と方法(日本封建制成立史研究とアジア的社会構成の問題
  • アジア史研究の課題-古代から中世への移行
  • 日本封建制研究の基本的課題
  • 中世史研究における思想的課題
  • 封建制成立論の発展のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本中世の民衆と領主
著作者等 戸田 芳実
書名ヨミ ニホン チュウセイ ノ ミンシュウ ト リョウシュ
書名別名 Nihon chusei no minshu to ryoshu
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 1994.7
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 4751723901
NCID BN11096889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94066846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想