中国共産主義批判 : 社会主義と戦争

カルデリ 著 ; 山口房雄, 玉城素 共訳

[目次]

  • はじめに
  • 1 中国のイデオロギーと現実 / p13
  • 2 ユーゴスラビアの"日和見主義"と中国の"急進主義" / p20
  • 3 戦争の不可避性について / p27
  • 4 社会勢力の現在の量的関係と戦争 / p37
  • 5 共存政策とマルクス主義 / p56
  • 6 武裝革命の不可避性について / p73
  • 7 正義の戦争と不正義の戦争 / p89
  • 8 新しいなかの古いもの / p100
  • 9 積極的平和共存の意味 / p115
  • 10 何が革命的で、何がそうでないか / p126
  • 11 重大な歴史的ディレンマ / p151
  • 12 戦争と社会主義 / p162
  • 13 社会主義諸国間の関係について / p177
  • 14 原因と結果 / p192
  • 15 中国とユーゴスラビアの意見の相違点 / p311
  • 〔付録〕共産党・労働党モスコー会議声明にたいするユーゴスラビアの論評 / p219

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中国共産主義批判 : 社会主義と戦争
著作者等 Kardelj, Edvard
山口 房雄
玉城 素
カルデリ
書名ヨミ チュウゴク キョウサン シュギ ヒハン : シャカイ シュギ ト センソウ
出版元 論争社
刊行年月 1961
ページ数 234p
大きさ 19cm
NCID BN1109514X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61004995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想