岩波講座日本文学と仏教  第8巻 (仏と神)

今野達 ほか編

日本古来の信仰・思想形態としての神道と伝来の宗教である仏教との関わりを、本地垂迹説など神仏習合思想を中心に明らかにし、切支丹と仏教との論争を経て、現代人の宗教観・宗教思想にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人にとっての神と仏
  • 第2部 神仏習合(伊勢
  • 寺社縁起
  • 本地物語の基層
  • 神道集
  • 琉球神道記-キンマモンと外来の神仏
  • 雷神信仰-先行信仰としての在地信仰)
  • 第3部 切支丹と近世日本人(仏キ論争-初期キリシタン宣教師の仏教理解と論破
  • 鬼利至端破却論伝-島原の乱と反キリシタンの文学)
  • 第4部 キリスト教と近代日本人
  • 第5部 新興宗教に見る仏と神(神と仏を超えて-生長の家の救済思想の生成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座日本文学と仏教
著作者等 上田 閑照
今野 達
佐竹 昭広
藤井 正雄
今野達ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ニホン ブンガク ト ブッキョウ
書名別名 仏と神

Iwanami koza nihon bungaku to bukkyo
巻冊次 第8巻 (仏と神)
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.7
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 4000105884
NCID BN11070295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95001158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想