明治初期刑法史の研究

手塚豊 著

附録 (255-266p) : 近代日本の絞首台, 明治初年の死刑数

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 明治初期刑法史の研究 目次
  • 第一部 明治政府の刑事法 / p1
  • 一、假刑律の一考察 / p3
  • 一 はしがき / p3
  • 二 假刑律編纂の時期と、編纂者 / p5
  • 三 假刑律の編纂と、肥後藩關係者 / p12
  • 四 假刑律に興えたる肥後藩魂法草書の影響 / p18
  • 五 むすび / p30
  • 二、新律綱傾編纂關係者考 / p33
  • 一 はしがき / p33
  • 二 起草委員の任免 / p34
  • 三 刑部省審査會議と、その關係者 / p39
  • 四 大政官の審査會議と、その關係者 / p41
  • 五 新津成功の論功行賞 / p46
  • 六 むすび / p49
  • 後記 起草委員の略歴 / p50
  • 三、新律綱領の施行に關する一考察 / p53
  • 一 はしがき / p53
  • 二 各地の施行狀況 / p57
  • 若干の府縣
  • 和歌山藩
  • 嚴原藩
  • 臼杵藩
  • 大村藩
  • 島原藩
  • 鳥取藩
  • 廣瀬藩
  • 山口藩
  • 亀山藩
  • 津藩
  • 神戸藩
  • 松本藩
  • 龍岡藩
  • 壬生藩
  • 忍藩
  • 加知山藩
  • 熊本藩
  • 三 むすび / p78
  • 四、校正律例について / p81
  • 一 はしがき / p81
  • 二 明治初期のおける法典編纂機關 / p82
  • 三 左院の刑法編纂 / p87
  • 四 校正律例の特色 / p93
  • 五 むすび / p105
  • 五、明治初年の拷問制度-その發止過程の一研究- / p109
  • 一 はしがき / p109
  • 二 明治初期の法制における拷問 / p112
  • 三 拷問制度の批判と、ボアソナード / p122
  • 四 改定律例第三百十八條の修正 / p133
  • 五 明治十二年太政官布告第四十二號の發布 / p139
  • 六 むすび / p148
  • 第二部 府・縣・藩の刑事法 / p149
  • まえがき / p150
  • 一、明治初年の和歌山藩刑法-「刑法內則」及び「徒刑之法」を中心として- / p153
  • 一 「徒刑之法」の制定 / p153
  • 二 「徒刑之法」の内容 / p159
  • 三 「刑法內則」の制定 / p174
  • 四 「刑法內則」の特色 / p178
  • 五 むすび / p187
  • 二、明治初年の神奈川縣刑法-新律綱領施行以前の臨時刑法典と徒刑制度- / p189
  • 一 「御定書」修正法典の編成と、その特色 / p189
  • 二 徒刑制度の實施と、その内容 / p209
  • 三 むすび / p219
  • 三、刑法局格例調考-仙臺藩刑法の一研究- / p221
  • 一 「刑法局格例調」の名稱 / p221
  • 二 「刑法局格例調」の性格 / p225
  • 三 「刑法局格例調」に表われた刑罰の種類 / p229
  • 四 「刑法局格例調」に表われた刑法總則的規定と、犯罪の態樣 / p241
  • 五 むすび / p252
  • 附錄
  • 一、近代日本の絞首臺 / p255
  • 二、明治初年の死刑數 / p262

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治初期刑法史の研究
著作者等 手塚 豊
書名ヨミ メイジ ショキ ケイホウシ ノ ケンキュウ
書名別名 Meiji shoki keihoshi no kenkyu
出版元 慶応義塾大学法学研究会
刊行年月 1956
ページ数 266p
大きさ 22cm
NCID BN11069026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57007008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想