近世の蒔絵

灰野昭郎 著

漆の接着力を利用し金粉を蒔きつけて意匠する日本独特の漆芸技法であった蒔絵は、イエズス会の宣教師の祭儀具としてヨーロッパにもたらされ、その繊細で華麗、燦然と輝く工芸に魅了された人々は、これを「ジャパン」と呼んだ。鎖国時代にもヨーロッパからの需要を阻止できず、紅毛漆器として多くの蒔絵が海を渡った。さらに明治政府は「日本」を売り込む重要貿易品とした。日本で生まれ、西欧で愛好された工芸の歴史と魅力を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに チャイナは陶磁器、ジャパンは漆器
  • 1 桃山時代(海を渡った蒔絵
  • 覇者の蒔絵
  • 南蛮漆器 ほか)
  • 2 江戸時代初期(幸阿弥家
  • 大名婚礼調度 ほか)
  • 3 江戸時代中期(その後の幸阿弥家
  • 印篭・根付の世界 ほか)
  • 4 江戸時代後期(シーボルトと日本
  • ロンドン、パリの万国博覧会 ほか)
  • 5 明治時代以後(絹長袖から車夫へ
  • ウィーン万国博覧会 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の蒔絵
著作者等 灰野 昭郎
書名ヨミ キンセイ ノ マキエ
書名別名 漆器はなぜジャパンと呼ばれたか
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.7
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4121011961
NCID BN11064882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94073550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想