「かしこ型」日本人と「かちき型」韓国人

金容雲 著

和算と韓算、「倭」と「韓」、ハングルとカナ、吏読と万葉仮名、楽天的・平等的韓人と集団的・階級的倭人等、あらゆる面から日韓文化を比較し「かしこ」「かちき」理論で追求するユニークな日本人・韓国人論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日韓文化の原型
  • 2 日韓文化の同質性と異質性
  • 3 日韓社会構造の本質的違い
  • 4 従順な日本人、抵抗する韓国人
  • 5 オニとトッケビ
  • 6 勝負にみる国民性
  • 7 定着民族と開拓民族
  • 8 日本の「武士」と韓国の「士」
  • 9 二つの忠義
  • 10 日韓の時間と空間
  • 11 日韓の文学と風流
  • 12 日韓文化の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「かしこ型」日本人と「かちき型」韓国人
著作者等 金 容雲
書名ヨミ カシコガタ ニホンジン ト カチキガタ カンコクジン
出版元 学生社
刊行年月 1994.6
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4311600291
NCID BN11062286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94059292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想