電子顕微鏡でわかったこと : 細胞の微細構造から原子の姿まで

永野俊雄 ほか著

電子顕微鏡は光学顕微鏡では決して見えない超ミクロの世界を、この目で見たいという人間の欲求が二〇世紀に作らせた画期的な装置である。この電子顕微鏡によって私たちは、生命を支える細胞の精妙な構造はもちろんのこと、物質を形成する原子の姿やその配列をも,この目で直視し実感することが可能になった。極微の世界に対する私たちの知見を飛躍的に"拡大"する、さまざまな電顕写真によって、人間はミクロコスモスをどこまで見て何を知るようになったのかを紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 電子顕微鏡のしくみ
  • 1 ミクロの世界を走査電顕で見る
  • 2 細胞の微細構造を透過電顕で探る
  • 3 物質の超ミクロ構造を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子顕微鏡でわかったこと : 細胞の微細構造から原子の姿まで
著作者等 堀内 繁雄
永野 俊雄
牛木 辰男
書名ヨミ デンシ ケンビキョウ デ ワカッタ コト
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.7
ページ数 213, 4p
大きさ 18cm
ISBN 406257022X
NCID BN11045935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想