しのびよるダイオキシン汚染 : 食品・母乳から水・大気までも危ない

長山淳哉 著

ベトナム戦争時に米軍が使用した枯れ葉剤に入っていた催奇性毒物として話題になり、恐れられているダイオキシンは、実は私たちのごく身近なところに存在する。例えば、都市のゴミ焼却場で発生し、大気・水・土壌などだけでなく、日常の食べ物までも汚染し、微量ずつ人体に蓄積し続ける。そして、母乳を通じて赤ん坊に高濃度の影響を及ぼす可能性がある。なぜ、こうした恐ろしい毒物が発生するのだろうか。現在の汚染状況はどうなのであろうか?解明された事実を見据え、今すぐにでも手を打たなければ間に合わない緊急課題・ゴミ焼却システムの改善、教育の徹底など、「本当に問題にすべきこと」を著者は訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ダイオキシン」とは何か
  • 第2章 カネミ油症中毒事件
  • 第3章 ダイオキシンに関する予備知識
  • 第4章 ダイオキシンの毒性
  • 第5章 ダイオキシンの発生源と発生量
  • 第6章 ダイオキシンによる環境・食品汚染
  • 第7章 食品からのダイオキシンの摂取量と毒性評価
  • 第8章 ダイオキシンによる人体汚染の現状
  • 第9章 ダイオキシンによる母乳の汚染と乳児への移行
  • 第10章 ダイオキシン以外の化学物質による人体と母乳の汚染
  • 第11章 ダイオキシンの次世代への影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 しのびよるダイオキシン汚染 : 食品・母乳から水・大気までも危ない
著作者等 長山 淳哉
書名ヨミ シノビヨル ダイオキシン オセン
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.7
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 4062570270
NCID BN11045811
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想