文学と詩精神

村松剛 著

[目次]

  • 1 「リアリズム」への疑惑
  • 孤独と宿命-異邦人をめぐって- / 6
  • 文学と危機意識 / 30
  • 市民小説の幻影-リアリズムへの反省(一)- / 38
  • 生と死のリアリズム-リアリズムへの反省(二)- / 56
  • 2 日本の象徴主義
  • 象徴主義論-序説として- / 66
  • 「象徴」派前派 / 89
  • 三富朽葉 / 107
  • 岩野泡鳴の位置 / 130
  • 少年の純潔について-富永太郎の周辺- / 148
  • 小林秀雄の小説 / 170
  • 小林秀雄の卒業論文 / 185
  • 晩年の萩原朔太郎 / 194
  • 3 青春の周辺
  • 堀辰雄-「聖家族」について- / 232
  • 横光利一小論 / 258
  • 三島由紀夫の劇 / 270
  • あとがき / 279

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文学と詩精神
著作者等 村松 剛
書名ヨミ ブンガク ト シ セイシン
書名別名 Bungaku to shi seishin
出版元 南北社
刊行年月 1963
ページ数 281p
大きさ 19cm
NCID BN11022918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63002277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想