元朝秘史

小沢重男 著

「蒼き狼」伝説のロマンに満ち溢れるチンギス汗の一代記として名高い「元朝秘史」は、古来、多くの人たちを魅了し続けてきた。だがその原文は、モンゴル語でありながら漢字の音を借りて表記した難解なもので、そのために多くの謎が残されている。モンゴル語の原名は何か、作者は誰か、いつ書かれたのか。未解決の課題に言語学の碩学が挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「元朝秘史」の発見
  • 「元朝秘史」の世界
  • 「秘史」のモンゴル語原名は?
  • 「秘史」原典はいかなる文字で書かれていたか
  • チンギス可汗時代のモンゴル語
  • 「秘史」原典はいつ書かれたのか
  • 「秘史」の作者は誰か
  • 漢字音写はいつ行われたのか
  • 「元朝秘史」の成立-その本質は何か
  • 13世紀のモンゴル高原地図
  • モンゴル王朝系譜
  • 原朝皇帝譜
  • 年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元朝秘史
著作者等 小沢 重男
書名ヨミ ゲンチョウ ヒシ
書名別名 Gencho hishi
シリーズ名 元朝秘史
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.7
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 400430346X
NCID BN11018513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94070685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想