獄中19年 : 韓国政治犯のたたかい

徐勝 著

一九七一年、祖国に留学していた在日韓国人の著者は、「北のスパイ」として突然逮捕される。執拗に続けられる拷問、屈するよりは死を願い負った火傷、そして死刑判決…。新書『徐兄弟 獄中からの手紙』で知られる著者が、監獄という社会を克明に描きつつ、独裁政権への痛烈な批判、そして分断下にある民衆への深い愛情を文字に刻む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 保安司-獄中生活の始まり
  • 2 罪囚の日々-70年代・大邱矯導所
  • 3 思想転向制度との闘い
  • 4オモニ-80年代・大邱矯導所
  • 5 再会-80年代・大田重拘禁矯導所

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 獄中19年 : 韓国政治犯のたたかい
著作者等 徐 勝
書名ヨミ ゴクチュウ ジュウクネン
書名別名 Gokuchu jukunen
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.7
ページ数 274p
大きさ 18cm
ISBN 4004303451
NCID BN11018284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94070831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想