現代の経済学 : ケインズ主義の再検討

根井雅弘 著

新古典派経済学の伝統的理論を否定し、二十世紀の世界経済を変革したケインズ。画期的な学説となった彼の『一般理論』の核心に迫り、その思想を受けつぐケインジアンたちの理論と成果を説く一方、強力な批判勢力として立ちはだかったハイエク、フリードマンなどの主張も解説。現代経済学の潮流を明らかにして、今こそケインズの有効需要政策とシュムペーターの企業者精神が必要と唱える俊英の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 1930年代のLSEとケンブリッジ
  • 第2章 『一般理論』の衝撃
  • 第3章 動揺するケインズ主義
  • 第4章 ハイエクの復活
  • 第5章 ケインズ主義はどこへ行くのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の経済学 : ケインズ主義の再検討
著作者等 根井 雅弘
書名ヨミ ゲンダイ ノ ケイザイガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.7
ページ数 249p
大きさ 15cm
ISBN 4061591320
NCID BN11004213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94065440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想