ドラマとしてのオペラ : 名作オペラを検証する

ジョーゼフ・カーマン 著 ; 南条竹則 ほか訳

[目次]

  • 1 プロローグ-ドラマとしてのオペラ
  • 2 オルフェウス-ギリシア劇の復興
  • 3 暗黒時代
  • 4 筋の展開と音楽の連続性
  • 5 モーツァルト
  • 6 ヴェルディの『オテロ』-伝統的オペラとシェイクスピアのオセロ像
  • 7 歌う劇としてのオペラ
  • 8 交響詩としてのオペラ
  • 9 揺り戻し-『ヴォツェック』と『放蕩児の遍歴』
  • 10 劇とその代用品
  • 11 エピローグ-オペラの批評について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドラマとしてのオペラ : 名作オペラを検証する
著作者等 三浦 淳史
Kerman, Joseph
南条 竹則
辻 昌宏
鈴木 圭子
カーマン ジョーゼフ
書名ヨミ ドラマ ト シテノ オペラ
書名別名 Opera as drama
出版元 音楽之友社
刊行年月 1994.7
ページ数 340, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4276200865
NCID BN11002648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94065981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想