社会の発見

有地亨 ほか著

変容する世界と学問の根源を問いつつ、開かれた大学への媒体として、新社会形成のフォーラムにむかってその知的素材となりうるものを国家・歴史・生命・文化といった諸位相において提供する研究叢書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フランスにおける家族史の発見
  • 自己組織性とモダンの脱構築
  • 近代日本女性史の再創造のために-テキストの読み替え
  • いのちのネットワーク-新しい社会システムの創造への道
  • 1871年のシルエット-視線の政治学、あるいはパリ・コミューン研究方法論
  • 家族のレギュラシオンと社会の発見
  • 座談会 近代の発見-20世紀末から近代を読み直す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会の発見
著作者等 有地 亨
神奈川大学
神奈川大学評論編集専門委員会
書名ヨミ シャカイ ノ ハッケン
書名別名 Shakai no hakken
シリーズ名 神奈川大学評論叢書 第4巻
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1994.6
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 4275015533
NCID BN10962714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想