哲学の脱構築 : プラグマティズムの帰結

リチャード・ローティ 著 ; 室井尚 ほか訳

ギリシア以来西洋を呪縛した伝統的思考から解放され、知の新しい形態を手にすべき、ポスト<哲学>的文化の時代の到来を告知する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 プラグマティズムと哲学
  • 1 失われてしまった世界
  • 2 哲学を純粋に保つこと-ウィトゲンシュタイン試論
  • 3 伝統を超えること-ハイデガーとデューイ
  • 4 職業化した哲学と超越論主義文化
  • 5 デューイの形而上学
  • 6 エクリチュールとしての哲学-デリダ試論
  • 7 虚構的言説の問題なんてあるのだろうか?
  • 8 19世紀の観念論と20世紀のテクスト主義
  • 9 プラグマティズム・相対主義・非合理主義
  • 10 カヴェルと懐疑論
  • 11 方法・社会科学・社会的希望
  • 12 今日のアメリカ哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の脱構築 : プラグマティズムの帰結
著作者等 Rorty, Richard
室井 尚
加藤 哲弘
吉岡 洋
庁 茂
浜 日出夫
ローティ リチャード
書名ヨミ テツガク ノ ダツコウチク
書名別名 Consequences of pragmatism

Tetsugaku no datsukochiku
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1994.6
版表示 〔新装版〕
ページ数 507, 9p
大きさ 21cm
ISBN 4275015584
NCID BN10942411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94059027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想