自叙伝の試み

和辻哲郎 著

明治22年、医家に生れながら文科を志して上京し、一高に入学するまでの若き日々を綴った、思想家和坪哲郎の半生記。平明で淡々とした記述は、ゆったりとした時の流れの中での少年和辻の精神発展の軌跡だけではなく、明治2、30年代の日本が移り変っていく様子をもあざやかに映し出している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わたくしの生れた村
  • わたくしの生れた家
  • 村の子
  • 太子堂のほとり
  • 初めて死というものに
  • 村の子供と階級的差別
  • 転校
  • 中学生
  • 半世紀前の東京
  • 入学試験のこと
  • 一高生活の思い出

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • わたくしの生れた村 / p3
  • わたくしの生れた家 / p46
  • 村の子 / p135
  • 太子堂のほとり / p211
  • 初めて死といふものに / p227
  • 村の子供と階級的差別 / p240
  • 轉校 / p253
  • 中學生 / p266
  • 半世紀前の東京 / p334
  • 入學試驗のこと / p388
  • 一高生活の思ひ出 / p402
  • 「あとがき」に代へて 和辻照 / p459

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自叙伝の試み
著作者等 和辻 哲郎
書名ヨミ ジジョデン ノ ココロミ
出版元 中央公論社
刊行年月 1961
ページ数 490p 図版
大きさ 20cm
ISBN 4122018935
NCID BN10939144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62001971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想