ウオルタア・ペイタアの研究

植木錬之助 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • I ルネッサンス研究
  • 一、 中間的存在としての人間(ボッティチェリ論) / 3
  • 中間的存在としての人間
  • 作品
  • ボッティチェリへの興味
  • 二、 ヴィットリアへの愛情(ミケランジェロ論) / 22
  • 「悲痛に傾く強さ」
  • ヴィットリアとの出合い
  • 死への瞑想
  • 三、 好奇心と美の願望(レオナルド論) / 36
  • 生涯
  • レオナルドの自由
  • レオナルドと児島喜久雄
  • 四、 学者的態度(ラファエル論) / 46
  • 学者的態度
  • ラファエルの生涯
  • 「アンシディ聖母」
  • 五、 教養主義の特色(ヴィンケルマン論) / 60
  • ルネッサンスへの興味
  • ゲーテ的全一性
  • ヴィンケルマン的純一性
  • II イギリス文学研究
  • 一、 リチャード二世の哀愁 / 73
  • 「シェイクスピアの英国王」
  • リチャード二世の性格
  • 二、 チャールズ・ラム / 83
  • 「おかしさ」と「あわれさ」
  • 「後向き」の態度
  • 「幸福を得る小さな技術」
  • 危機と平安
  • 三、 コウルリッジの人間像 / 93
  • 絶対精神と相対精神
  • ロマンティシズム
  • 追記
  • 四、 ワーズワスの観照的態度 / 110
  • 熱情的観照
  • 平常性と観照的態度
  • 自然観
  • 詩の哲学
  • 観照の目的
  • ワーズワスとペイタア
  • 五、 ロゼッティ理解 / 126
  • 美の欲求
  • 視覚的表現
  • 愛情の分析
  • 論文の成立
  • III 創作
  • 一、 作者の人間像 / 143
  • 九個の人間像
  • 作品と作者
  • 二、 『享楽主義者マリウス』の特色 / 156
  • 教養小説
  • 外向性と内向性
  • エビイキュリアニズム
  • 教養主義
  • 三、 『享楽主義者マリウス』の構成(1) / 163
  • (一) ルナの世界
  • ニュウマの宗教
  • マリウスの家庭
  • アェスキュラピウスの神殿
  • (二) ピサの世界
  • 海港市ピサ
  • 学友フレイヴィアンとその突然の死
  • 流転の哲学
  • ローマへの旅
  • (三) ローマの世界
  • 都の空気
  • 哲人皇帝アウレリウス
  • ストイシズム
  • アウレリウスに見られる光と陰
  • サバイン丘での瞑想
  • 四、 『享楽主義者マリウス』の構成(2) / 176
  • (四) ローマの世界(続)
  • 二つの不思議な家
  • 教会の平和
  • クリスマス礼拝
  • 求道の心
  • マリウスの心境
  • エロスとアガペイ
  • 教会の苦難
  • 皇帝の矛盾
  • マリウスの死
  • 後記 / 188
  • 索引 / 191

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ウオルタア・ペイタアの研究
著作者等 植木 錬之助
書名ヨミ ウオルタア ペイタア ノ ケンキュウ
シリーズ名 関西学院大学論文叢書 ; 第5
出版元 弘文堂
刊行年月 1960
ページ数 198p
大きさ 22cm
NCID BN10929311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61002112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想