東沢瀉

野口善敬 著

一斎・秋陽の流れを汲む沢瀉の著作から語録と今北洪川の「禅海一瀾」に対する駁書「禅海翻瀾」の二つの資料を現代訳・解説し、禅を乗り越え陽明学に帰入した彼の思想の発展と特色を究明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説(東沢瀉伝
  • その学問
  • 沢瀉と仏教
  • 今北洪川と『禅海翻瀾』)
  • 本文(沢瀉語録
  • 禅海翻瀾)
  • 原文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東沢瀉
著作者等 野口 善敬
書名ヨミ ヒガシ タクシャ
書名別名 Higashi takusha
シリーズ名 シリーズ陽明学 35
出版元 明徳出版社
刊行年月 1994.5
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 4896199359
NCID BN10924613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95024261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想