現代民芸論 : 手仕事のゆくえ

水尾比呂志 著

[目次]

  • 目次
  • 現代と民芸 / p19
  • 民衆の美が意味するもの / p21
  • 民芸の危機 / p27
  • 民芸運動の意義 / p36
  • 柳宗悦の遺産 / p43
  • 民芸運動 / p45
  • 日本民芸館 / p48
  • 民芸と美術史 / p55
  • 民芸品への先入観 / p57
  • 名品民芸品 / p59
  • 民芸品の範囲と歴史 / p63
  • 民芸趣味の功罪 / p69
  • 都会人と民芸趣味 / p71
  • 民芸趣味の正道 / p75
  • 民家の運命 / p83
  • 民芸の母胎としての民家 / p85
  • 民家の保存 / p88
  • 民家に住む / p92
  • 民窯の現況 / p97
  • 残存民芸 / p99
  • 民窯の変質 / p102
  • 残存民芸の手当 / p106
  • 残存民窯の現状 / p109
  • 和紙の未来 / p113
  • 和紙の美 / p115
  • 和紙の転身 / p119
  • 和紙の未来 / p123
  • 沖縄の民芸 / p127
  • 工芸の国 / p129
  • 焼もの / p130
  • 漆器 / p135
  • 染もの / p137
  • 織物 / p140
  • 墓は語る / p145
  • 山陰の新民芸 / p149
  • 新民芸への指向 / p151
  • 鳥取民芸協団 / p154
  • 製産の現況 / p159
  • 島根の新民芸 / p162
  • 信州の新民芸 / p177
  • 松本の新民芸 / p179
  • 松本民芸家具 / p181
  • グループ生産方式 / p187
  • 手織と機械織 / p191
  • 織物の美 / p193
  • 柳悦孝の試み / p196
  • 道具としての機械の活用 / p201
  • 手結絣展を見て / p204
  • 個人作家の立場 / p211
  • 個人作家 / p213
  • 浜田庄司 / p216
  • 伝統と個人作家 / p221
  • 芹沢銈介 / p224
  • 萠木会と芹沢染色研究所 / p229
  • 新しき工人 / p233
  • 機械と民芸 / p237
  • 機械産業製品の民芸性 / p239
  • グッド・デザインとは何か / p243
  • 「能」への志向 / p247
  • 後記 / p251

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代民芸論 : 手仕事のゆくえ
著作者等 水尾 比呂志
書名ヨミ ゲンダイ ミンゲイロン : テシゴト ノ ユクエ
書名別名 Gendai mingeiron
出版元 新潮社
刊行年月 1968
ページ数 252p 図版10枚
大きさ 21cm
NCID BN10898386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68010601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想