泥の子供たち : ロマン主義からアヴァンギャルドへ

オクタビオ・パス 著 ; 竹村文彦 訳

ノーベル文学賞を受賞した現代ラテンアメリカ最大の詩人であり、シュルレアリスムの洗礼を受けた先鋭的な文学理論家でもある著者が、壮大や文明論的視座から近代詩-英独のロマン派、仏象徴主義、イスパノアメリカのモデルニスモ、20世紀のアヴァンギャルド-を論じ、詩と宗教と革命の問題へと肉迫しつつ、<近代性の終焉>を剔抉する、『弓と堅琴』以来約20年ぶりに放つ根源的近代詩論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 断絶の伝統
  • 2 未来の反乱
  • 3 泥の子供たち
  • 4 アナロジーとイロニー
  • 5 翻訳と隠喩
  • 6 アヴァンギャルドの黄昏(革命/エロス/メタ・イロニ
  • 図形の裏面
  • 収斂点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 泥の子供たち : ロマン主義からアヴァンギャルドへ
著作者等 Paz, Octavio
竹村 文彦
パス オクタビオ
書名ヨミ ドロ ノ コドモタチ
書名別名 Los hijos del limo

Doro no kodomotachi
シリーズ名 アンデスの風叢書
出版元 水声社
刊行年月 1994.4
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 4891762926
NCID BN10897703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95022289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想