経済犯罪 : ビジネス社会のおとし穴

藤木英雄 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに / p9
  • I 近代社会と経済犯罪の登場
  • 一 自由経済と近代犯罪 / p13
  • 二 経済犯罪は一般犯罪とどう違うか / p16
  • 三 最近の新聞をにぎわした経済犯罪 / p22
  • 四 アメリカの経済犯罪 / p25
  • II 経済犯罪とは何か
  • 一 合法と違法はどこで区別されるか / p29
  • 二 詐欺、横領、背任などの実際 / p34
  • (1) 詐欺罪 / p34
  • (2) 横領罪 / p39
  • (3) 背任罪 / p42
  • (4) 文書偽造罪 / p45
  • (5) 贈収賄罪 / p46
  • III 経営者と犯罪
  • 一 粉飾決算、違法配当の刑事責任 / p53
  • 二 会社は私有物ではない / p59
  • 三 政治献金、寄付は合法か / p61
  • (1) 営業外支出の功罪 / p62
  • (2) 八幡製鉄政治献金事件のてん末 / p64
  • 四 裏経理と特別背任罪 / p69
  • (1) 造船疑獄が残したもの / p69
  • (2) テーブルファイヤー事件にみる経理操作 / p74
  • 五 株主総会、総会屋をめぐって-東洋電機カラー・テレビ事件- / p76
  • 六 会社倒産にまつわる犯罪 / p83
  • (1) 経営苦境と取り込み詐欺 / p83
  • (2) 保全経済会事件にみる詐欺罪 / p87
  • (3) 受託証券の流用 / p90
  • (4) 架空会社による詐欺 / p92
  • (5) ダブル株の発行 / p95
  • IV 一般サラリーマンの犯罪
  • 一 一般社員はこんな犯罪に陥りやすい / p97
  • (1) 現金の横領 / p98
  • (2) リベートの着服 / p99
  • (3) 水増し請求 / p100
  • 二 犯罪にねらわれている集金係、外務員 / p105
  • (1) 単純な拐帯横領 / p106
  • (2) 納金操作で犯行を隠ぺい / p108
  • (3) 入金を借金と相殺 / p110
  • (4) 紛争のタネになる外務員と顧客の間 / p111
  • (5) 顧客サービスが行き過ぎると / p115
  • 三 社用族の犯罪 / p116
  • 四 サラリーマンの生活と犯罪 / p118
  • V 金融機関の役職員の犯罪
  • 一 不良貸し付けと背任罪 / p123
  • (1) 金融機関の社会的責任 / p123
  • (2) 不良貸し付けの責任と実態 / p125
  • (3) 問題含んだ千葉銀行事件 / p130
  • (4) 信用におぼれる手形保証 / p134
  • (5) 危険な導入預金 / p134
  • 二 浮き貸しと横領罪 / p136
  • VI 経済犯罪につきまとう手形と小切手
  • 一 手形と小切手の性質 / p141
  • 二 不渡り手形を出せば犯罪か / p144
  • 三 不渡り小切手と詐欺 / p148
  • 四 落々小切手とマラソン金融 / p149
  • 五 身を誤る融通手形 / p154
  • (1) 融通手形とは何か / p154
  • (2) 暗躍するパクリ屋 / p155
  • 六 手形割り引きと犯罪 / p158
  • 七 手形と小切手の偽造 / p160
  • VII 公務員の汚職
  • 一 汚職の代表〝贈収賄〟 / p163
  • 二 昭和電工事件にみる金銭の賄賂 / p166
  • (1) 〝政治献金〟だから〝賄賂〟ではない / p166
  • (2) 〝友人間の贈与〟だから〝賄賂〟ではない / p168
  • (3) 社交儀礼の限界 / p170
  • 三 どこまでが職務権限か / p174
  • 四 新設された斡旋贈収賄罪 / p176
  • 五 野放しに近い談合 / p178
  • 六 経費の不当流用はなぜ起こるか / p181
  • (1) 予算計上をはばかる / p181
  • (2) 犯罪成否の基準は何か / p183
  • 七 疑惑の多い公有財産の払い下げ / p187
  • 八 公務員にも多い詐欺、横領 / p188
  • (1) 早船事件 / p189
  • (2) 多久島事件 / p190
  • (3) 裁判所職員の取り込み詐欺 / p191
  • VIII 不動産取り引きと犯罪
  • 一 不動産売買をめぐる詐欺 / p193
  • (1) 地面師 / p194
  • (2) 慢性化した誇大広告 / p196
  • 二 不動産投資につけ込む詐欺 / p197
  • 三 建て売り住宅、請け負いに多い債務不履行 / p201
  • 四 二重売買を防ぐには / p203
  • IX 経済犯罪はなぜふえる
  • 一 近代取り引き機構の発達と刑法 / p207
  • 二 物質中心主義、大衆社会化と犯罪 / p211
  • 三 経済犯罪の防止策-結びにかえて- / p216

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済犯罪 : ビジネス社会のおとし穴
著作者等 藤木 英雄
書名ヨミ ケイザイ ハンザイ : ビジネス シャカイ ノ オトシアナ
シリーズ名 日経新書
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1966
ページ数 218p
大きさ 18cm
NCID BN10896915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66011852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想