社会学とは何か : 関係構造・ネットワーク形成・権力

ノルベルト・エリアス 著 ; 徳安彰 訳

『文明化の過程』『宮廷社会』などで独自の歴史社会学の地平を拓いた著者が、社会学的認識論、個人と社会、社会変動などの根本問題を問い直すとともに、機能主義を批判しつつ、社会関係と社会過程のダイナミクスを捉える自らの理論と方法を分かりやすく説く、異色の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会学-コントの問題設定
  • 第2章 神話の摘発者としての社会学者
  • 第3章 ゲームモデル
  • 第4章 人間社会の普遍要素
  • 第5章 ネットワーク形成の連関-社会的結合の問題
  • 第6章 社会発展の「必然性」の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学とは何か : 関係構造・ネットワーク形成・権力
著作者等 Elias, Norbert
徳安 彰
エリアス ノルベルト
書名ヨミ シャカイガク トワ ナニカ
書名別名 Was ist Soziologie?
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 438
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.6
ページ数 237, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4588004387
NCID BN10891842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94062436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想