柳田国男南方熊楠往復書簡集

飯倉照平 編

「民俗学」誕生のはざまで火花を散らし合った二人の開拓者たち。往復書簡は、二つの青春のせめぎあいを生々しく伝えてくれる。南方・柳田論争の全貌をここに収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オコゼから山男へ-文通の発端
  • 柳の蔭を頼む-神社合祀に反対して
  • 『南方二書』刊行前後-伝説研究の協力
  • 無鳥郷の伏翼-柳田批判の始動
  • 剃頭した親子-反対行動の分岐

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出発への模索-多様な関心の交錯
  • フォクロアへの架橋-研究会と雑誌の胎動
  • 『郷土研究』創刊のころ-文章報国と風俗壊乱
  • 出会いの後-編集方針の対立
  • 確執と絶信-『南方随筆』出版まで
  • 解説 灼熱する対話の果てに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田国男南方熊楠往復書簡集
著作者等 南方 熊楠
柳田 国男
飯倉 照平
書名ヨミ ヤナギタ クニオ ミナカタ クマグス オウフク ショカンシュウ
出版元 平凡社
刊行年月 1976
ページ数 464p 図 肖像
大きさ 20cm
ISBN 4582760538
NCID BN00817865
BN10876882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73012509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想