風と共に去りぬ

マーガレット・ミッチェル 著 ; 訳: 大久保康雄, 竹内道之助

アトランタの材木工場を男まさりのやり方で経営するスカーレットは、伝統的南部崩壊後、かつての魅力を失いかけた貴公子アシュレへの思慕をたちきれぬまま、野性の男レットへつよくひかれてゆくが、スカーレットを姉のように慕う天使のようなメラニーは、彼女と夫アシュレの噂をきいても二人の潔白を信じて疑わない。風のごとく現れて求愛をつづけるレットの情熱に屈してついに結婚したスカーレットは、ニュー・オリンズへの蜜月の旅へ出るが…。

「BOOKデータベース」より

アメリカ南部に生まれ、勝気で魅惑的な美貌の持主スカーレット。その波瀾に富んだ人生を、南北戦争を背景にドラマティックに描いた不朽の名作。

「BOOKデータベース」より

北軍に包囲された火災地獄のアトランタを、スカーレットはレットが手綱を引く荷馬車に、出産したばかりのメラニーたちをのせてタラへ脱出するが、彼女をまちうけていたのは、母の死、半狂乱の父、荒廃した屋敷と農園であった…。栄華を誇った貴族的南部文明は、敗戦によって崩れ去り、戦争よりきびしい再建時代が始まる。飢えと戦いながらタラ復興を決意したスカーレットは、金策のため俄か仕立ての盛装に媚をこらしてアトランタにレットを訪ねるが…。

「BOOKデータベース」より

アメリカ南部の大農園に生れた、勝気で魅惑的な美貌の持主スカーレットの、波瀾にとむ人生をたて糸に、南北戦争という激動の時代を背景に、いくつかの個性的性格が、あるいはひかれ、あるいは反撥しあいながら変転きわまりない人生のドラマをくりひろげてゆくさまが、息もつかせぬリアリスティックな筆致でえがきつくされ、全世界の人たちに語りつがれ、読みつがれる不巧のロングセラー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風と共に去りぬ
著作者等 Mitchell, Margaret
大久保 康雄
竹内 道之助
ミッチェル マーガレット
書名ヨミ カゼ ト トモニ サリヌ
出版元 河出書房新社
刊行年月 1975
版表示 〔新装版〕
ページ数 3冊
大きさ 18cm
ISBN 4309201148
NCID BA33770674
BA66221478
BN04130502
BN05010969
BA33605124
BA72693766
BA72694022
BN06020083
BN10875948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75024721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想