武士行動の美学

小沢富夫 著

源平武将から乱世・戦国、江戸末期まで武士の行動と意識はいかに変容していったか。各時代の武士の生きざま・死にざまにみる伝統的日本人論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 源平武将の行動の美学
  • 2 戦闘者の美意識
  • 3 戦国武士の思想と行動
  • 4 乱世の武士道「男道」
  • 5 遺言状にみる戦国武将の処世観
  • 6 織田政権の簒奪者秀吉
  • 7 「忠臣蔵」-私の義に生きる道
  • 8 会津の武士道-ならぬことはならぬもの
  • 総論 武士道の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士行動の美学
著作者等 小沢 富夫
書名ヨミ ブシ コウドウ ノ ビガク
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1994.6
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4472095211
NCID BN10865591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94052989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想