無門関

無門慧開 編 ; 西村恵信 訳注

「犬にも仏性がありますか」という問いに、趙州禅師は「無!」と答えた。ここに提示された「無」の字こそ宗門に於て最も大切な関門にほかならない-中国宋代の禅僧無門慧開(1183‐1260)が編んだ公案集『無門関』は、「趙州無字」を初関として全48則、いわゆる「東洋的無」「絶対無」の原典として世界的に著名。付・現代語訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 趙州狗子
  • 百丈野狐
  • 倶胝竪指
  • 胡子無鬚
  • 香厳上樹
  • 世尊拈花
  • 趙州洗鉢
  • 奚仲造車
  • 大通智勝
  • 清税孤貧〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無門関
著作者等 慧開
西村 恵信
書名ヨミ ムモンカン
書名別名 Mumonkan
シリーズ名 無門関
岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.6
ページ数 216p
大きさ 15cm
ISBN 4003331214
NCID BN10859985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94069915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想