現代生活倫理講座  第7 (職業の倫理)

小林珍雄, H.エルリンハーゲン 編

[目次]

  • 職業の倫理 目次
  • 現代社会における職業についての諸問題 岡田純一 / p7
  • 一、多種多様な職業
  • 二、職業と職能
  • 三、職業における時代的条件
  • 四、現代の職業の直面する問題
  • 五、職場と余暇
  • 六、職業指導と就職の問題
  • 職業と倫理 大沢章 / p27
  • 一、職業の意味
  • 二、生活と職業
  • 三、倫理的なるもの
  • 四、人間の発見
  • 政治家の倫理 宮本吉夫 / p49
  • 一、序言
  • 二、政治家と倫理
  • 三、政治家の倫理の内容
  • 四、民主政治と政治家の倫理
  • 五、世界平和と政治家の倫理
  • 公務員の倫理 金森徳次郎 / p60
  • 一、公務員という言葉
  • 二、組織合一関係、組織相対関係、独立相対の関係
  • 三、公務員の奉仕
  • 四、忠実と服従
  • 五 秘密と信用失墜
  • 六、職務専念の義務
  • 七、公務員の基本的人権
  • 八、公務員は全体の奉仕者
  • 弁護士の倫理(一) 武藤春光 / p76
  • 弁護士の倫理(二) 山田弘之助 / p85
  • 一、序
  • 二、刑事弁護人の倫理
  • 三、民事弁護士の倫理
  • 四、職業倫理としての弁護士倫理
  • 五、結び
  • 医師の倫理 陰山宷 / p97
  • 一、医道と医業
  • 二、医業の本質
  • 三、最高の倫理徳
  • 四、医師の個人的行為
  • 五、医師の職業上の義務
  • 六、共同作業の倫理
  • 七、医療の倫理
  • 八、倫理的受胎調節法
  • 看護婦の倫理 大矢みちよ / p111
  • 看護倫理
  • 看護婦の理想的資質
  • 患者に対して
  • 医師・上司に対して
  • 病院に対して
  • 結語
  • 教師の倫理 相良惟一 / p119
  • (一)
  • (二)
  • 保育者の職業倫理 中村清 / p136
  • ホワイト・カラー・マン倫理 川島外治 / p144
  • 一、まえがき
  • 二、新しい時代の黎明
  • 三、ホワイト・カラー・マンの実態
  • 四、学窓から社会へ
  • 五 アメリカという先達
  • 六、企業と人間関係
  • 七、むすび
  • 秘書の倫理 池淵鈴江 / p164
  • 一、秘書の職業と秘書に必要な倫理的条件
  • 二、秘密について=秘書の倫理
  • 技術家の倫理 景山準吉 / p173
  • バタヤ 松居桃楼 / p180
  • バタヤの尊さ
  • 身を落すことの意義
  • 一日バタヤのすすめ
  • わが国の農・漁業問題とわれわれの立場 白浜仁吉 / p189
  • はじめに
  • 一、日本農業の在るすがた
  • 二、日本漁業の実態
  • 三、われわれの立場
  • むすび
  • 芸術家の倫理 今井兼次 / p199
  • 一、 芸術家である前に
  • 二、 落穂を拾うもの
  • 三、 理想像を通して
  • 休養と文化 宮内璋 / p213
  • 感謝と礼拝 ヘルムート・エルリンハーゲン / p223
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代生活倫理講座
著作者等 Erlinghagen, Helmut
小林 珍雄
H.エルリンハーゲン
書名ヨミ ゲンダイ セイカツ リンリ コウザ
書名別名 Gendai seikatsu rinri koza
巻冊次 第7 (職業の倫理)
出版元 春秋社
刊行年月 1958
ページ数 232p
大きさ 19cm
NCID BN1085933X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51006370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想