気持ちのいい生活 : 外国人・老人・女からの提案

鶴見和子 他編

外国人、老人、女たち-多くの有名人や無名人が、それぞれの仕方で「いまの日本で本当に気持ちのいい生活を可能にする方法と考え方」を提案する。「なによりも人情のある町が大切だ」という観点から、都市プランナー・林泰義氏と共に新しい町づくりの実例をあつめ、「人情町づくり」の未来を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 外国人からの提案(シンポジウム 人情のある暮らし
  • ルポ サンコンさんと鷺宮の町を歩く)
  • 第2部 老人からの提案(シンポジウム なんにもこわいことなんかないよ
  • 座談会 好きなときに好きなことをする)
  • 第3部 女からの提案(シンポジウム 自分ひとりで人々とともに生きる
  • インタビュー 私たちの気持ちのいい生活)
  • 第4部 町づくりからの提案(対談 人情ある町づくりをめざして<鶴見和子・林泰義>)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気持ちのいい生活 : 外国人・老人・女からの提案
著作者等 鶴見 和子
水牛くらぶ
小林 和夫
書名ヨミ キモチ ノ イイ セイカツ
出版元 晶文社
刊行年月 1994.5
ページ数 184p
大きさ 22cm
ISBN 4794961707
NCID BN10838646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94048737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想