サルはどのように冬を越すか : 野生ニホンザルの生態と保護

和田一雄 著

"餌づけ"から"野生"へ。雪の志賀高原に潜居して30余年。サル学第2世代が捉えた新事実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 サル学第二世代-餌付けザルから野生ザルへ
  • 第1章 ニホンザルの越冬、そして大量死
  • 第2章 サルはどのようにして日本列島にすみついたか
  • 第3章 保護と猿害、餌付けをめぐって-何が求められているか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サルはどのように冬を越すか : 野生ニホンザルの生態と保護
著作者等 和田 一雄
書名ヨミ サル ワ ドノヨウニ フユ オ コスカ
書名別名 Saru wa donoyoni fuyu o kosuka
シリーズ名 人間選書 177
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1994.5
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 454094052X
NCID BN10836618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94057723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想