投資信託なにが問題か : 仕組みと運営の曲折を検証する

上田明之 著

投信一筋に40年の風雪をかいくぐった男が語る投信の虚像と実像。大衆参加で空前のブームに沸く米国、投資家の離散がつづく日本。いったいその違いはどこからくるのか…。投資家を忘れた日本の投信における再生へのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明暗を分ける日米の投信業界
  • 第2章 単位型株式投信(ユニット・スポット)の躓き
  • 第3章 活かされなかった40年不況の教訓
  • 第4章 どこかおかしい、投信の現状
  • 第5章 投資信託再生への処方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 投資信託なにが問題か : 仕組みと運営の曲折を検証する
著作者等 上田 明之
書名ヨミ トウシ シンタク ナニ ガ モンダイ カ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1994.3
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4492731199
NCID BN10832016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94037949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想