北方ヨーロッパの美術

土肥美夫 編

ルネサンスからロマン派をへて抽象絵画まで、美術の流れに沿いつつ、イタリア・フランスの美術とは異なった魅力をもつ北方美術の特質を究明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ルネサンスとバロック(近世の北方絵画
  • 初期ネーデルラントの絵画-その油彩板絵の展開
  • 北方ルネサンスの美術
  • プラハのマニエリスム
  • 一七世紀の北方絵画とイタリア-ルーベンスとレンブラントの場合)
  • 第2部 ロマン主義以後(北方絵画の「近代」
  • ドイツ・ロマン主義の絵画-「新しい芸術」としての風景画をめぐって
  • 確立期のイギリス絵画とその特質
  • ファン・ゴッホとオランダ、ベルギー-宗教、普遍性、共同体
  • 表現主義の美術
  • 抽象美術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北方ヨーロッパの美術
著作者等 土肥 美夫
書名ヨミ ホッポウ ヨーロッパ ノ ビジュツ
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.5
ページ数 288, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4000020900
NCID BN10828755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96002912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想