「相対論」はやはり間違っていた : アインシュタイン 理性を捨てさせた魔力

窪田登司 他著

今、「相対論」を共有の知的遺産とする私たちみんなが、アインシュタインによって試されようとしています。常識・感覚による反論から、理論式の欠陥の指摘、最新の実験結果が示す反証まで、21世紀に向けて、本書は現代物理に発展的修正を強く迫っています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 常識をもって相対論を考え直す
  • 相対論は崩壊する
  • エーテルと新しい非対称重力理論
  • 相対論を打ち砕くシルバーハンマー
  • 一般相対論と量子力学の概念的矛盾
  • 時間と時刻を混同している相対論
  • 世界線の屈折と光速度不変の原理の見直し
  • 相対性理論のどこがおかしいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「相対論」はやはり間違っていた : アインシュタイン 理性を捨てさせた魔力
著作者等 後藤 学
窪田 登司
竹内 薫
馬場 駿羣
日高 守
森野 正春
石井 均
早坂 秀雄
書名ヨミ ソウタイロン ワ ヤハリ マチガッテイタ
シリーズ名 Shocking science
出版元 徳間書店
刊行年月 1994.1
ページ数 340, 28p
大きさ 20cm
ISBN 4198600619
NCID BN10828245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94030650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想