精神分析と横断性

フェリックス・ガタリ [著] ; 杉村昌昭, 毬藻充 訳

精神分析界の異端児ガタリの思想遍歴の書、先鋭的かつ独創的な思考の結晶。論考の意義を明確に位置づけたドゥルーズの序文を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ジル・ドゥルーズの序文「三つの問題群」
  • 2 看護人‐医師の関係をめぐって
  • 3 R・Aについての研究
  • 4 未経験の生の崩壊-"私"の喪失(R・Aの日記の抜粋)
  • 5 一日を活気づける小委員会の紳士淑女たち
  • 6 制度的精神療法入門
  • 7 転移
  • 8 制度的治療法と学生社会における精神衛生問題に関する考察
  • 9 横断性
  • 10 制度的精神療法に関する哲学者のための考察
  • 11 左翼反対派の九つのテーゼ
  • 12 記号から記号へ
  • 13 集団と個人
  • 14 因果性、主観性、歴史
  • 15 反革命は習得できる科学である
  • 16 自主管理とナルシシズム
  • 17 一九六八年六月末の討論から
  • 18 学生、狂人、カタンガ兵
  • 19 機械と構造
  • 20 分析の裏返しとしての教育に関する考察
  • 21 精神医学のゲリラ
  • 22 集団的精神療法はどこからはじまるか
  • 23 レーモンとイスパノ・グループ
  • 24 マオ=マゾ派あるいは不可能な五月
  • 25 われわれはみな小集団なり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析と横断性
著作者等 Guattari, Félix
杉村 昌昭
毬藻 充
Guattari Felix
ガタリ フェリックス
書名ヨミ セイシン ブンセキ ト オウダンセイ
書名別名 Psychanalyse et transversalité

制度分析の試み
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 435
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.6
ページ数 455p
大きさ 20cm
ISBN 4588004352
NCID BN10825917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94062163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想