下着ぶんか論 : 解放された下着とその下着観

鴨居羊子 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部
  • 男の下着と女の下着 / 10
  • 下着は恥しくない衣服ヘ / 12
  • セクシャルは不行儀ではない / 13
  • 白い下着から色もの下着へ / 15
  • 今日を呼吸する肌 / 18
  • 下着にレースは必要か / 20
  • ワイシャツとスリップ / 22
  • 女の下半身 / 24
  • 下着と年令の新しい秩序 / 27
  • 透明下着と偽善の教養 / 28
  • 美の罪悪的な肉体の矯正 / 30
  • ハイ・ヒールは女の体をどうつくりかえる / 32
  • 女づくりに疲れた男性 / 34
  • 行儀作法的下着観 / 36
  • つつみかくすことと、ひけらかすこと / 38
  • 25グラムのスリップ / 41
  • 細い胴の絶望 / 43
  • 愛されてゆくガーター・ベルト / 45
  • 下着の外衣化、外衣の下着化 / 47
  • ギリシア・スタイルとエジプト・スタイル / 49
  • ランゼリーの性格 / 52
  • レディー・メードか、オーダーか / 55
  • 再びレディー・メード論 / 56
  • マタ割れパンティス / 58
  • キモノの運命とキモノ下着 / 61
  • ノー・パンティス / 66
  • アメリカでのネマキ調査 / 68
  • 肌で色を着る / 70
  • グッド・デザインの下着 / 73
  • 下着を図式的に考えるな / 75
  • コルセットは何処へゆく / 76
  • スリップのヴァリエーション / 79
  • ブラジェアの栄誉 / 81
  • 軽装時代-シャツ・スタイル / 83
  • ボデーのペインター / 85
  • 下着はこれからも変つてゆく / 87
  • 第二部
  • ファンデーションの正体 / 90
  • (一) 女の体型と、その美しさの秩序 / 90
  • (二) ルネサンス的堕落 / 97
  • (三) 肌着こそ今日の下着 / 102
  • 性の象徴としての下着 / 105
  • (一) 女の下着と性愛 / 105
  • (二) エロチックなあこがれ / 109
  • 下着の色と柄の問題 / 113
  • (一) 下着の白 / 113
  • (二) 絵模様の下着 / 117
  • (三) レインボー下着 / 120
  • 母へ娘へ / 123
  • (一) 母への発言 / 123
  • (二) 娘への発言 / 126
  • 下着の機能と私たちの生活 / 132
  • (一) 新しい下着の機能主義 / 132
  • (二) 特別註文は自慢になるか? / 137
  • (三) 生活につながる下着 / 142
  • たるんでいる男の下着 / 143
  • (一) 男がする下着のおしやれ / 143
  • (二) 男の告白から / 147
  • (三) 男の下着を緊張させたい / 153
  • 下着姿 / 158
  • (一) グラマーのこと / 158
  • (二) 下着写真のこと / 161
  • (三) スクリーンが描く新しい下着姿 / 163
  • 第三部
  • まとめ / 172
  • (一) 通論 / 172
  • (二) 応用問題 / 184
  • 第四部
  • W・アンダー・ウェアー展 / 195
  • チュニカ・ショウと下着のミュージカル・ショウ / 198
  • チュニカ・ショウ解説文 / 204
  • チュニカ・ミュージカル・ショウ / 216
  • 下着のミュージカル / 218
  • スキャンティのこと / 222
  • 羞恥心の違うヌードダンサー / 225
  • 映画「女は下着でつくられる」と「大阪娘と野郎ども」について / 228
  • 絵模様下着の趣旨 / 232
  • 花と絵模様下着 / 233
  • 私の赤毛論 / 237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 下着ぶんか論 : 解放された下着とその下着観
著作者等 鴨居 羊子
書名ヨミ シタギ ブンカロン : カイホウサレタ シタギ ト ソノ シタギカン
書名別名 Shitagi bunkaron
出版元 凡凡社
刊行年月 1958
ページ数 241p (図版共)
大きさ 19cm
NCID BN10804575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59000502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想