意味の現象学 : フッサールからメルロ=ポンティまで

竹原弘 著

人間は意味との多様な関わりの中で、世界の内に存在している。本書では、人間の意味への関与の構造を、身体、言語、学、倫理、時間、宗教のそれぞれの側面から問うことで、世界との主体との関係を見つめ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 方法の問題
  • 第1章 身体的意味
  • 第2章 言語的意味
  • 第3章 学的意味(学的意味の一般的特徴
  • 自然科学の学的意味)
  • 第4章 倫理的意味(意味についての復習
  • 他者について
  • 他者論に基づく倫理的意味
  • 全体的世界の規定
  • 全体的世界に基づく倫理的価値)
  • 第5章 時間的意味(人間存在の時間性
  • 時間性の意味への転化
  • 時間性と倫理的意味)
  • 第6章 宗教的意味(宗教的意味の規定
  • 原始宗教における宗教的意味
  • キリスト教における宗教的意味
  • 日蓮における宗教的意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味の現象学 : フッサールからメルロ=ポンティまで
著作者等 竹原 弘
書名ヨミ イミ ノ ゲンショウガク
シリーズ名 Minerva21世紀ライブラリー 12
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1994.5
ページ数 291, 17p
大きさ 20cm
ISBN 4623024253
NCID BN10785266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想