東ゴート興亡史 : 東西ローマのはざまにて

松谷健二 著

「ゲルマン民族大移動」の主役・東ゴート族は、一時期、ローマ帝国の拠点イタリアに王国を築いたが、ビザンティン帝国との二十年に及ぶ死闘の後、玉砕に近い形で歴史の舞台から消え去った…。このゲルマンの一部族、東ゴート族の戦いと滅亡の過程を描く歴史物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民族大移動の時代
  • イタリアの東ゴート王国
  • テオデリックの晩年と死
  • ユスティニアヌス一世とその世界
  • 破滅への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東ゴート興亡史 : 東西ローマのはざまにて
著作者等 松谷 健二
書名ヨミ ヒガシゴート コウボウシ
書名別名 Higashigoto koboshi
出版元 白水社
刊行年月 1994.5
ページ数 194, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4560028761
NCID BN10784183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94056104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想