ニーチェ全集  1

吉沢伝三郎 編

文典文献学の徒として出発したニーチェの若き日の諸労作を集める。ニーチェの文献学研究は、学生時代、教師時代を通じ、十数年間の生活の中心をなしていた。彼にとって、ギリシア精神は、人間形成の典型であり、唯一の完成した芸術であった。このギリシア精神を再現するために、彼は芸術家の眼をもって文献学の諸問題に対決する。プラトンの対話篇研究、ラエルティオス・ディオゲネスの資料批判、ギリシア人の祭祀への考察-私たちは、ここに文献学の狭い限界を突き破ろうとする、若きニーチェの姿を認めることができるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プラトン対話篇研究序説
  • ラエルティオス・ディオゲネスの資料
  • ラエルティオス・ディオゲネスの資料研究と批判への寄与
  • ギリシア人の祭祀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニーチェ全集
著作者等 Nietzsche, Friedrich Wilhelm
上妻 精
戸塚 七郎
泉 治典
Nietzsche Friedrich
ニーチェ フリードリッヒ
書名ヨミ ニーチェ ゼンシュウ
書名別名 古典ギリシアの精神

Niche zenshu
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次 1
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.5
ページ数 651, 24p
大きさ 15cm
ISBN 4480080716
NCID BN10775193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94056003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古典ギリシアの精神 戸塚七郎 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想