ドッブ経済学解説  第2巻 (経済学と資本主義)

豊崎稔 編

[目次]

  • 內容
  • 『經濟學と資本主義』解說の讀者の爲めに 豐崎稔
  • 『經濟學と資本主義』解說 吉田義三
  • まえがき / p3
  • 序 / p5
  • 一 價値論 / p6
  • 二 古典派經濟學とマルクス經濟學 / p20
  • 三 經濟恐慌 / p28
  • 四 近代經濟學批判 / p51
  • 五 帝國主義 / p89
  • 六 社會主義經濟の經濟法則 / p106
  • 補論
  • 一 モーリス・ドッブの經濟理論-その意義と問題點- 吉田義三 / p131
  • 二 『賃金論』解說 末永隆甫
  • まえがき / p150
  • 一 近代的賃金制度の特徴 / p154
  • 二 傳統的賃金理論とその修正 / p158
  • 三 新しい賃金理論 / p166
  • 四 賃銀の自由放任理論とその批判 / p174
  • 三 『資本制企業と社會の進步』解說 柴山幸治
  • 第一部 分析の部 / p178
  • 第二部 應用の部 / p191

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドッブ経済学解説
著作者等 吉田 義三
末永 隆甫
柴山 幸治
豊崎 稔
書名ヨミ ドッブ ケイザイガク カイセツ
書名別名 Dobbu keizaigaku kaisetsu
巻冊次 第2巻 (経済学と資本主義)
出版元 春秋社
刊行年月 1952
ページ数 194p
大きさ 19cm
NCID BN10772865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48000089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想