民法論  上(民法原論)

伊藤進 著

本書は、私法にかかわるテーマについて研究し、発表してきたもののうち、民法研究のための基本的理論にかかわる著作を中心として収録したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 民法理論(民法学の新しい任務-その覚書
  • のびゆく現代法-金融法
  • 大学における民法学習と法曹実務家としての民法学習
  • 判例と民事立法-その序論的考察 ほか)
  • 2 旧東独私法論(ドイツ民主共和国(東独)の新私法典について
  • 東ドイツにおける家族法規の変遷
  • 東ドイツ家族法の基本理念)
  • 3 権利主体論(税法上の「人格のない社団」
  • 法人格なき社団
  • 未成年者の人権保障に関する法規上の制限)
  • 4 親族・相続論(表見相続人の遺産処分と第三取得者
  • 債務の相続性と債権者
  • 預金債権・抵当権付債務と遺産分割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民法論
著作者等 伊藤 進
書名ヨミ ミンポウロン
書名別名 Minporon
シリーズ名 私法研究著作集 第1巻
巻冊次 上(民法原論)
出版元 信山社
刊行年月 1994.2
ページ数 319, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4882617676
NCID BN10763150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95002035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想