日本歴史民俗論集  10

網野善彦 ほか編

民間信仰から民衆宗教へというテーマは、民俗学と歴史学の境界領域に設定されるもっともふさわしい課題である。民間信仰は民俗学の膨大な成果によって明らかにされており、民間信仰の様々な要素が歴史的に形成された民衆宗教の中に、どのように反映しているかという点から歴史学の分析対象となってきた。本巻は、そのような視点に立つ論文を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 民間信仰の領域(民間信仰
  • 民間信仰の機能的境位-創唱宗教と固有信仰の接点
  • 社会不安と民間信仰)
  • 第2 カミ・ヒト・ご利益(大阪及び附近民間信仰調査報告-その一 生駒山及び附近行場の調査
  • 『神社仏閣願懸重宝記初篇』にみる小祠と治病-現世利益のフォークロア
  • 現代都市民の民俗宗教-生駒の神々・探訪
  • 疫神と福神
  • 俗なる聖地-浅草寺と江戸のご利益
  • 辻についての一考察
  • 都市化と神社-銀座八官神社の事例から
  • 都市シャーマニズムの考現学)
  • 第3 民間信仰から民衆宗教へ(「世直し」の論理の系譜-丸山教を中心に
  • 近世弥勒信仰の一面
  • 「ふりかわり」と「みろくの御世」-「参行六王価御伝」に於ける世直り
  • 民間信仰にみる終末観と世直し思想
  • 幕末期における民衆宗教運動の歴史的意義-生き神思想の成立をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本歴史民俗論集
著作者等 佐々木 宏幹
内藤 正敏
和歌森 太郎
堀 一郎
塚本 学
大島 建彦
安丸 良夫
宮崎 ふみ子
宮田 登
小沢 浩
広田 昌希
栗山 一夫
桜井 徳太郎
池上 廣正
石井 研士
笹本 正治
野堀 正雄
飯田 剛史
書名ヨミ ニホン レキシ ミンゾク ロンシュウ
書名別名 民間信仰と民衆宗教
巻冊次 10
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.6
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 4642073809
NCID BN10758911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94062488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想