地域経済と金融  上

吉田友愛 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 地域経済の実情 / p1
  • 1.地域区分の沿革 / p1
  • 2.地域経済の格差 / p3
  • イ.生産の格差 / p6
  • ロ.分配所得の格差 / p6
  • ハ.生活水準の格差 / p10
  • ニ.民力度の格差 / p19
  • 3.地域経済の成長と構造 / p34
  • イ.成長と構造変化 / p34
  • a.地域経済の成長 / p37
  • b.産業構造の変化 / p39
  • c.産業構造と成長率 / p39
  • d.産業構造と所得水準の上昇 / p41
  • ロ.産業の特化 / p53
  • ハ.製造工業の立地係数 / p57
  • ニ.工業の発展は構造変化 / p60
  • a.工業発展の実態 / p60
  • b.就労人口の増加状況 / p62
  • ホ.構造変化と農業の変ぼう / p63
  • a.農業就業者,農業数の減少 / p63
  • b.農家経営 / p64
  • c.農業生産物の変化 / p65
  • ヘ.地域別の資本蓄積 / p70
  • a.実物資本の蓄積 / p70
  • b.金融資産の蓄積 / p118
  • 4.地域格差および過大都市問題の発生 / p131
  • イ.過大都市の発生 / p132
  • ロ.大都市の過大化 / p136
  • ハ.過大都市問題の解決 / p137
  • a.再開発 / p137
  • b.集中抑制と分散奨励 / p138
  • c.都市機能の分離 / p140
  • II 開発計画槪論 / p143
  • 1.地域計画の現状と問題点 / p143
  • イ.国土総合開発法 / p145
  • ロ.各地方開発促進計画 / p146
  • ハ.全国総合開発計画の完成 / p149
  • ニ.新産業都市建設促進法 / p150
  • ホ.低開発地域工業促進法 / p152
  • ヘ.産炭地域振興臨時措置法 / p157
  • ト.所得倍増(太平洋岸ベルト構想) / p158
  • 2.拠点開発構想 / p161
  • イ.拠点開発構想の基本的立場 / p161
  • ロ.拠点開発の理論 / p163
  • ハ.立地因子分析による最適配置の提示 / p167
  • ニ.拠点開発方式と最近における地域開発 / p168
  • 3.地方開発の現状と将来 / p172
  • イ.地方の開発競争 / p173
  • ロ.地方の企業誘致運動 / p174
  • ハ.地方開発ブームの将来 / p176
  • ニ.今後の問題点 / p179
  • 4.地域開発の金融問題 / p180
  • イ.金融による関発援助方法の効果の問題 / p181
  • ロ.新金融方式の問題 / p182
  • a.地方開発に伴う資金需要 / p183
  • b.地方開発のための資金供給機関 / p182
  • ハ.地方開発融資の現状 / p188
  • ニ.地域開発の新展開と開発金融 / p193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地域経済と金融
著作者等 吉田 友愛
書名ヨミ チイキ ケイザイ ト キンユウ
シリーズ名 新銀行実務シリーズ
巻冊次
出版元 文雅堂銀行研究社
刊行年月 1964
ページ数 196p
大きさ 19cm
NCID BN10753270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64001801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想