考古学の方法

V.G.チャイルド 著 ; 近藤義郎 訳

掘り出された一片の考古資料から時代の様相に迫り、歴史の全体像を構築するために、考古学はどのような理論と方法を確立すべきなのか。『文明の起源』『歴史のあけぼの』などの著作で知られるG・チャイルドが自らの研究の集大成として著した考古学入門の改訂新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 考古学とは何か
  • 第2章 考古学の起源と発達
  • 第3章 考古資料の本体
  • 第4章 機能の判定
  • 第5章 編年-文化連続の設定
  • 第6章 時代と時期と年代
  • 第7章 分布区分の設定
  • 第8章 文化の変化
  • 第9章 考古学の本領

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学の方法
著作者等 Childe, V. Gordon
Childe, Vere Gordon
近藤 義郎
チャイルド ヴィア・ゴードン
書名ヨミ コウコガク ノ ホウホウ
書名別名 Piecing together the past;the interpretation of archaeological data

Kokogaku no hoho
出版元 河出書房新社
刊行年月 1994.5
版表示 〔新装版〕
ページ数 214, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4309222587
NCID BN0540815X
BN10749295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想