都市移住の社会学

松本通晴, 丸木恵祐 編

出郷の論理と心情、都市への定着過程、さらに帰郷現象などを村落・都市構造連関の社会学的視角から捉える初めての組織的研究成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ふるさと考
  • 第1章 都市移住と結節
  • 第2章 農村社会の変動と都市移住者
  • 第3章 地方人口の向都離村現象
  • 第4章 都市移住者の就業構造
  • 第5章 都市の同郷人関係と同郷団体
  • 第6章 都市移住者の適応と不適応
  • 第7章 都市移住者の人口還流-帰村と人口Uターン
  • 第8章 移住の社会学-大衆社会論の視座から
  • 第9章 文献解題-同郷団体研究の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市移住の社会学
著作者等 丸木 恵祐
交野 正芳
伊藤 敏安
加茂 陽
山本 正和
松本 通晴
蘭 信三
蘭 由岐子
青木 康容
鰺坂 学
書名ヨミ トシ イジュウ ノ シャカイガク
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1994.6
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4790705080
NCID BN10736351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想